Kendall Jenner x RESERVED #CiaoKendall Tv spot

今回Platige Imageのアーティストたちが参加したのは、ケンダル・ジェンナーをRESERVEDのアンバサダーとして紹介するプロジェクト。「#CiaoKendall」新広告のポストプロダクションと視覚効果を担当しました。

1970年代のルックにインスパイアされたユニークなビジュアルとケンダル・ジェンナーが人魚に変身する驚きの展開は「#CiaoKendall」広告ならでは。

「今回の広告は昔ながらのフィルムで撮影したため、シネマティックな雰囲気に仕上がりました。しかし、自然にフィルムグレインができてしまうのでデジタル要素を映像に合成することは困難でもありました。」(CGスーパーバイザー Piotr Ołtarzewski(ピォトル・オルタルツェフスキー))

人魚を制作する際、ディレクターのGordon von Steiner(ゴードン・フォン・シュタイナー)とPlatige Imageは当初リアルさを追及したものを目指していましたが、作業が進むにつれ、もう少し魔法がかかったようなイメージへと変化しました。撮影中、ケンダル・ジェンナーの下半身には目印をつけ、VFXの専門スタッフが彼女の動きを追跡し、足を尾に取り替えられるようにしました。

「すばらしい撮影でした。ケンダルは一緒に仕事をするのに最高でした。誰もが、彼女のダンススキルと体力に驚いていました。」(現場スーパーバイザー Kamil Dąbkowski(カミル・ダブコウスキー))

ファッションブランドRESERVEDの今回のショート・ムービーは、Warsaw Creatives(ワルシャワ・クリエイティブズ)社が制作し、ファッション業界で絶賛されているディレクター、Gordon von Steiner(ゴードン・フォン・シュタイナー)がディレクションを務めました。

ポストプロダクションとVFXは、当社のアーティストたちが担当しました。チームを率いたのは、Sylwia Ślusarczyk(シルヴィア・シルサルチック)(プロデューサー)、Piotr Ołtarzewski(ピォトル・オルタルツェフスキー)(CGスーパーバイザー)、Piotr Sasim(ピォトル・サシム)(カラーコレクション)です。